2016年09月28日

姫ちゃん、トーゴーサンピンの話


人気ブログランキングへ
このブログは姫ちゃんが発行しているメルマガのバックナンバーより抜粋しています。

姫ちゃんの最新情報が読めるメルマガはこちらからご登録頂けます。
最新号
http://archive.mag2.com/0001626780/index.html

姫ちゃんの本のブログはこちら
http://honblo.blog25.fc2.com/
===========================
■姫屋不動産コンサルティング(株)■
東京都知事(1)第99241号

無料相談はこちらからどうぞ
↓↓↓
http://goo.gl/6u9bGY
===========================
■本日の内容■
姫ちゃん、トーゴーサンピンの話
===========================

 こんにちは、姫ちゃんです。

税金の話題で良く出る「トーゴーサンピン」って言葉を聞いたことありますか?

これは職業別の税金の補足率を示した言葉です。

税金の補足率とは、国がその職業の人の所得をどれだけ調べ上げることが出来て、ちゃんと税金を徴収できるかの割合ということです。

サラリーマンは「トー」

すなわち10割(100%)、源泉徴収で所得を把握されるので、100%所得税を回収できます。

自営業者は「ゴー」

すなわち5割(50%)、確定申告などはするものの所詮は自己申告です。

売上を減らしたり、経費を付ける余地があります。

農家は「サン」

すなわち3割(30%)、これも自営業者と同様ですね。

そして、

政治家は「ピン」

ピンとは1本のこと、すなわち1割(10%)程度ということです。

政治団体への寄付金が非課税だったり、政治団体の資産は相続税の対象ではなかったりとなかなかに興味深いです。

ちなみに、個人的に政治に関して興味はないです。

姫ちゃんはあくまで会計処理、税務処理の観点からしか見ません。

今回の問題も倫理的な問題を別にすれば正しく会計・税務処理されていれば、税務上のリスクの顕在化は避けられると思います

(政治的なリスクはまた別の問題でしょうけど)


 さて、トーゴーサンピンに即して言えば、会計上もっとも自由に経費を使えるのは政治家ということですが、サラリーマンだって負けちゃいられません。

サラリーマンは通常、会社の給料しか収入がないため「トー」10割なんて言われちゃっているわけです。

これを覆すには、そう、副業で自営業をするしかないですね。

そうすれば自営業の部分については「ゴー」になります。

また、知り合いで週末だけ農家をやっている人などがいますが、彼は農業部分については「サン」になります。

これ、別に不正な経費をつけろといっているのではありませんよ。

一般的に言って、全く事業に関係のない経費はつけられませんが、少しでも事業に関連があれば経費として認められることは多々あります。

今回の都知事は「ピン」として、その辺の解釈が「ゴー」や「サン」よりも難しいです。

海外の要人と日本文化について会話するための資料として、古書や美術品を購入するというのは、場合によっては会計上問題ない可能性もありますし、なんとも言えませんね。

それくらい、会計や税務上の解釈はかなりケースバイケースになるものです。

 不動産投資などの副業をすることで、その辺の感覚を実感することができ、今回の問題を別の側面から理解できるようになると思います。

世界の仕組みをより多面的に見られるようになるという意味でもサラリーマンが不動産投資をする意義はあるなぁと思います。



でわでわ。


posted by 姫ちゃん at 16:27 | Comment(0) | 管理 税務・公的手続について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

姫ちゃん、不動産を持つと税金が安くなる理由


人気ブログランキングへ
このブログは姫ちゃんが発行しているメルマガのバックナンバーより抜粋しています。





姫ちゃんの最新情報が読めるメルマガはこちらからご登録頂けます。
最新号
http://archive.mag2.com/0001626780/index.html
----------------------------
不動産を持つと多くのサラリーマン・OLの方は税金が安くなります。

その理由とは。

詳しくは本日の内容をお読み下さい。
----------------------------









---------------------------
■本日の内容■
姫ちゃん、不動産を持つと税金が安くなる理由
---------------------------

多くの不動産業者のセールストークに

「不動産を持つと節税対策になります」というものがあります。

「節税対策」ばかりを強調する業者は

もうからない物件を売りつけようとしている可能性があるので敬遠したほうが良いです。

しかし、この「節税対策」自体は本当のことなので、正しく知っておく必要があります。

特に高額な給与をもらっているサラリーマン・OLの方々には必須のスキルといっても過言ではないと思います。

まずサラリーマン・OLなどの会社員の場合

給与天引きで源泉徴収され、自分の税金がどれくらいかをあまり把握していないことが多いと思います。

これに加え、社会保険など税金ではないけれど天引きされるものもあるので、ごちゃごちゃになっていしまいます。

不動産を持つと毎年3月に「確定申告」を行わなければならず

いやでも、自分の給与からいくら税金が引かれ、不動産からいくら引かれるかを

計算する必要が出てきます。

実際に引かれる金額を目の当たりにすると、心が痛みます。

話がそれますが

この心の痛みこそが、有権者として、

納税者としての自覚を芽生えさせると姫ちゃんは考えています。

さて、話を戻して、不動産を持つと税金が安くなる理由ですが

それは「確定申告で計上できる経費の種類が増えること」によります。

普通の会社員であれば、たとえ「確定申告」をしてもせいぜい一部の費用しか計上できません。

たとえば自腹で支払った以下のような費用が経費となります。

・スーツ・作業服代
・書籍代、資格取得の費用
・接待交際費の自腹支払い分

くらいです。金額もたかがしれてます。

しかし、不動産を持つと上記の費用に加え相当多くの経費を計上することができるようになります。

たとえば

・不動産物件代金(減価償却費)
・自動車、バイクの一部(減価償却費)
・家賃の一部、持ち家はその自宅の金額の一部(減価償却費)
・パソコン代
・インターネット代、電話代
・ガソリン代の一部
・自動車損害保険の一部

などです。

とくに、不動産物件の代金や自動車、バイクの代金、持ち家の自宅などが「減価償却費」という形で計上できるのは「節税対策」としてインパクトが大きいです。

ちなみに、これ、気を付けてほしいのは、この金額のすべてが返ってくるわけではないということです。

この金額の5〜20%くらいが現金で返還されるということになります。

このパーセンテージは、会社員の給料の高さに比例します。いわゆる累進課税に合わせる感じです。

先ほどの例でいくらの節税対策ができるかを考えますと


【会社員だけの場合】

・スーツ・作業服代「10万円」
そのうち10%→1万円
・書籍代、資格取得の費用「10万円」
そのうち10%→1万円
・接待交際費の自腹支払い分「10万円」
そのうち10%→1万円

合計:3万円の税金が手元に戻ります。


【不動産投資をした場合】

・不動産物件代金(減価償却費)「100万円」
そのうち10%→10万円
・自動車、バイクの一部(減価償却費)「30万円」
そのうち10%→3万円
・家賃の一部、持ち家はその自宅の金額の一部(減価償却費)「年間60万円」
そのうち10%→6万円
・パソコン代「5万円」
そのうち10%→5千円
・インターネット代、電話代「年間10万円」
そのうち10%→1万円
・ガソリン代の一部「年間5万円」
そのうち10%→5千円
・自動車損害保険の一部「年間2万円」
そのうち10%→2千円

合計:21万2千円の税金が手元に戻ります。

※一部と書いているところは、全額ではなくその一部だけの金額にしています。

会社員だけの場合は正直「たった3万円」のために貴重な有給を使って、平日に税務署に行くことや、計算する手間を考えると割に合いません。

しかし、不動産投資をした場合は「21万円」なので、面倒な計算や平日に税務署に確定申告しにいくことも意味がある気がします。

1日休んで税務署に行くだけなので、日給「21万円」だと思えば、やる気が出ます。

もちろん、今の会社の給料で、日給「21万円」よりも稼いでいる人は

そっちの本業をやったほうがいいのですが、普通、一日で21万円も確実に稼げることってないと思います。

ということで、不動産投資をすると、給与がそれなりに高い会社員であれば大体21万円くらい戻ってくるということで「節税対策」になるということです。


最後にもう一度言いますが、

この「21万円」だけを強調して「節税対策」と言ってくる業者は要注意です。

たとえ、確定申告して「21万円」戻ってきたとしても

それ以上の金額を手出ししている場合、マイナスのキャッシュフローになります。

マイナスのキャッシュフローになることをあまり説明せず

月々2万円を手出しすれば、物件はあなたのものになり節税対策にもなります

なんて、甘い言葉で誘惑する業者がたくさんいます。

それでいいよという人はそれでいいですけど、せっかく節税対策しても

結局、月々お金が減るのは姫ちゃんは本末転倒だと考えます。

まぁ、なんにせよ節税対策は正しく理解して実行していってください。


--------------------------------
■姫ちゃん、初心者のための無料レポート■

※スパムメール対策のため無料レポートのダウンロードを行う際は、フリーメールのご使用を推奨します。


●不動産投資はじめの一歩

初めて不動産投資をするにあたり必要なこと
メルマガだけではお伝えできないことを記載しました。
是非読んでもらえれば幸いです。

http://mailzou.com/get.php?R=84202


●不動産投資 次の一手
〜良い物件を買うために押さえるべき5つのポイント その1

前回のレポートに続いて、そもそもどういった物件が「良い」と言われているのか
「良い物件」を買うために気を付けなくてはいけないことは何かを記載しました。
5つのポイントのうち、最初の1つ目を解説しています。

http://mailzou.com/get.php?R=86353&M=10630


●良い物件を買うために押えるべき5つのポイント その2
 どんな不動産屋と信頼関係を築くべきか

5つのポイントのうちの2つ目として、良い物件を買うためには不動産屋さんの協力が不可欠です。
付き合うべき不動産屋さんの条件とは何かを説明しています。

http://www.gekizou.biz/report.php?cid=1102840


●良い物件を買うために押えるべき5つのポイント その3
 どんな銀行から融資を受けるのか

5つのポイントのうち3つ目として、銀行融資について説明します。

http://www.gekizou.biz/report.php?aid=17149&cid=1102968




posted by 姫ちゃん at 16:40 | Comment(0) | 管理 税務・公的手続について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

姫ちゃん、空き家の税金が高くなるとどうなるのか?

このブログは姫ちゃんが発行しているメルマガのバックナンバーより抜粋しています。

姫ちゃんの最新情報が読めるメルマガはこちらからご登録頂けます。
最新号
http://archive.mag2.com/0001626780/index.html

+-------------------------------------+
■姫ちゃん、
空き家の税金が高くなるとどうなるのか?■
+-------------------------------------+

みなさま、こんにちは。姫ちゃんです。

前回は、47都道府県のうち人口が増えているのがたったの7つだけという話をしました。

今日は、空き家の税金についてお話しします。

空き家の税金というのは、固定資産税のことです。

固定資産税とは不動産を所有しているだけで毎年かかってくる税金のことです。

自動車なんかにも毎年税金が来るように不動産にもかかります。

個人で住む住宅だったとしても十万円単位のお金がかかると思いますが

不動産投資をやっていると、これが数十万円から数百万円にまで結構な重荷になります。

ただし、それではみんなが自宅を維持するのが大変ですので

一般庶民の住宅には減税措置をしてくれています。

それが固定資産の住宅用地特例です。

具体的には、住宅1戸あたりで200平方メートル以下部分は1/6に軽減

200平方メートルを超えた部分でも1/3に軽減してくれています。

これ、1/6ですからね。

今、毎年10万円の住宅の固定資産税を払っている人は、

本来ならその6倍になります。本来の額だと結構つらい金額ではないでしょうか?

これは、店舗や駐車場、空き地などには適用されません、。

なので、古い家を持っている人は、空き地にしてしまうより空き家で放置したほうがずいぶんと得になります。

これが、空き家が増える理由です。

今、この空き家が全国的に問題になっています。

2013年の調査では全国的に空き家は800万戸を超えており、

というのも、古い空き家があることで周囲の景観を損ねるだけではなく、台風などにより

倒壊して近隣の家に迷惑をかけたりするからです。

周囲の人たちが空き家の撤去をお願いしようにも、持ち主の所在がわからないであるとか

持ち主がなくなっており、相続した人が複数いるため、合意がとれなくてそのままだったりとか

そういう状態であり、はっきり言って第三者がどうにかできるものではなくなっています。

国はそういう増える空き家減らすために、持ち主が否応なく空き家を処分するように

税制を変更し、住宅向けの固定資産税の減税措置を空き家に適用しないということにしました。

つまり、人が住めない空き家は早々に売却するなりしないと高い固定資産税を支払うことなるということです。

自治体が決めた危険な空き家がその対象となるということです。

これは、普通に考えて、空き家が売却されて更地になり、新しい戸建てが建つなり

新築物件が増えるということになります。

ということは、今後新築の物件が周りにでき始め、それが戸建てだったりする分には

不動産投資には、あまり影響はないかもしれませんがもしアパートだったりしたら

自分が近くに持っているアパートよりも新しいアパートが隣にできる可能性もあります。

特に、昔の家は敷地が広く、庭などもつぶしてアパートを建てることも多いので

可能性としては検討する必要があるかと思います。

なので、今持っている物件の近くの空き家は要注意ですし

今後アパートを購入する時には、そのアパートの周囲にどんなアパートがあるか

だけではなく、その周辺に空き家があるか等も簡単に目を通しておく必要があると思います。

+----------------------------+
■姫ちゃんの無料レポート■
+----------------------------+

●不動産投資はじめの一歩〜1億円大家姫ちゃん

初めて不動産投資をするにあたり必要なこと
メルマガだけではお伝えできないことを記載しました。
是非読んでもらえれば幸いです。

http://mailzou.com/get.php?R=84202


●不動産投資 次の一手 〜良い物件を買うために押さえるべき5つのポイント その1

前回のレポートに続いて、そもそもどういった物件が「良い」と言われているのか
「良い物件」を買うために気を付けなくてはいけないことは何かを記載しました。
5つのポイントのうち、最初の1つ目を解説しています。

http://www.gekizou.biz/report.php?cid=1102760


+------------+
■編集後記■
+------------+

最後までお読み頂きありがとうございます。

空き家の問題は不動産にかかわる者としては、避けては通れないものだと思います。

日本の人口が減り続けているので空き家が発生しているので、

人口問題を解決しないことには誰もが納得できるような根本的な解決はないのかもしれませんね。

もし、今不動産を持っている人は危険な空き家として認定されないように

定期的に掃除や見回りをしたほうが、よいかもしれません。

ちなみに、私は、不動産への熱意と臨場感が伝わるように

あまり、文法にこだわらず、この文章を書いています。

そのため、少々読みづらい部分があるかと思いますが、今後ともよろしくお願いします。

+---------------+
■サポート情報■
+---------------+

姫ちゃんの最新情報が読めるメルマガはこちらからご登録頂けます。
http://www.mag2.com/m/0001626780.html



posted by 姫ちゃん at 07:22 | Comment(0) | 管理 税務・公的手続について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする