2017年01月12日

姫ちゃん、銀行の持つ二つのレーン、今こそ高速レーンに乗り換えるチャンス


人気ブログランキングへ
このブログは姫ちゃんが発行しているメルマガのバックナンバーより抜粋しています。

姫ちゃんの最新情報が読めるメルマガはこちらからご登録頂けます。
最新号
http://archive.mag2.com/0001626780/index.html

姫ちゃんの本のブログはこちら
http://honblo.blog25.fc2.com/
===========================
不動産投資を始めてビックリすること、それは驚くほど銀行がお金を貸してくれないことです。

詳しくは本日の内容をお読み下さい。
===========================
■本日の内容■
姫ちゃん、銀行の持つ二つのレーン、今こそ高速レーンに乗り換えるチャンス
===========================

 こんにちは、姫ちゃんです。

冒頭で述べましたが、普通のサラリーマンの方が不動産投資を始めてビックリすることがあります。

それは、銀行は驚くほど全くお金を貸してくれないことです。

普通のサラリーマンが銀行からお金を借りる機会というのは、マンションや一戸建てなどマイホームを買うときの住宅ローンくらいです。

住宅ローンについては、新築の建売業者やマンション業者と銀行がタッグを組んで、お客様にローンを組ませてくれます。

またフラット35のような公的な優遇政策に基づいたローンも存在し、各銀行は住宅ローンを組んでくれる普通のサラリーマンを奪い合っています。

結果として、年収が400万くらいの普通のサラリーマンでも、比較的容易にお金を借りることができます。

さらに年収が800万も1000万もあるエリートサラリーマンと呼ばれる人たちは億単位のマンションなどを頭金なしのローンで買うこともできます。

 しかし、不動産投資は違います。

不動産投資では、もうかる物件、まともな物件であっても、新築ではありませんし、そもそも住宅ローンではないので金融機関は全然お金を貸してくれません。

住宅ローンであれば、年収や勤務年数やその人の人柄などを考慮して(いるように見える)くれて、蝶よ花よとお金を貸してくれるのに

アパートなどの投資ローンだと、手のひらを返したかのように、冷たくあしらわれることも多いです。

 何年も真面目に会社に勤めていて、給料もそこそこもらっていて、社会的な立場や人望もあると思っていたサラリーマンのプライドを粉みじんにするくらい、全くそういった実績に価値を置いてもらえません。

 アパートなどの投資ローンで、金融機関が価値を置くのは、あくまで「担保をどれだけ持っているか」です。

担保とは、土地・建物、現金、有価証券、保険、そのほか換金出来るもののことです。

年収やその人の勤務年数、真面目さなどは、確かに人としては大切ですが、金融機関の審査対象外です。

なぜなら、いくら年収が高くて真面目な人でも、病気や事故で働けなくなったら、銀行はその人からお金を回収できなくなるからです。

極端な話、将来もらえるであろう未実現の年収よりも、今すぐお金に換えられる土地、有価証券などしか、担保としての価値はないのです。

そういう理由で、いくら真面目なサラリーマンでも、資産がなければアパートローンの貸し出し対象として扱ってもらえないのです。

 住宅ローンしか知らない大半のサラリーマンの人は、この銀行の手のひら返しの対応に面食らいます。

そして、自信を失います。

 ですが、希望を失ってはいけません。

先日、物件価格が上がっているという記事を書きましたが、今やるべきコトは銀行の持つ2つのレーンのうち、高速レーンに乗り換えることです。

【参考】
http://www.mag2.com/p/money/24215

 高速レーンとは、一般的には地主しか入れない地主系レーンのことです。

銀行には元々、非地主系レーンと地主系レーンの2つのレーンが存在しています。

非地主系レーンとは、いわゆる住宅ローンなどを出すレーン。

地主系レーンとは、地主にアパートなどの投資ローンを出すレーンです。

両者は明確に別れており、非地主系レーンの人がいくら投資ローンを申し込んでも、基本的にはNGです。

その人がどんなに優秀なサラリーマンだったとしてもNGです。

 一方、地主であればその人がどんなに適当な性格だったとしても、(担保の範囲内において)投資ローンを出してくれます。

まぁ、能力がないと投資に失敗するのですが、失敗するものであれなんであれ、地主系レーンに乗っている人は、その担保の範囲内において投資ローンを出してもらえます。

うらやましいですね。

 しかし、ここ数年状況が好転し始めて来ます。

近年のゼロ金利、マイナス金利を受けて、一部のアグレッシブな地銀が、サラリーマン向けの投資ローンを出してきたからです。

このサラリーマン向け投資ローンの審査基準は、非地主系レーンの基準をベースにしたものが多いという特徴があります。

すなわち、本人の年収、勤務年数、真面目さなどがベースとして考慮されるということです。

 そして、これはチャンスなのです。

これまでは非地主系レーンに乗っている人は、どうあがいても投資ローンを借りられなかったのですが、今は投資ローンを借りることができるのです。

投資ローンにも関わらず非地主系の基準でお金を借りることができる、これは持たざる者が持つことを許される非常に大きなチャンスなのです。

このチャンスは様々な時運によって、もたらされています。

不況、株安、マイナス金利など、金融機関は投資先(お金の向かう先)を求めて、非地主系レーンにもその門戸を開いているのです。

 この状況は、いつまで続くかは分かりません。

オリンピックイヤーが終わったら引き締めにかかるのか、どうなのか、それは誰にも分かりません。

しかし、言えることが一つだけあります。

それは、今のうちに資産を増やして非地主系レーンを抜け出し、地主系レーンすなわち高速レーンに乗ることです。

そうすることで、たとえ金融が引き締め始めても、高速レーンに乗っている人には相変わらず、融資の話が来ます。

そういう状況になるためにも、今はレーンの乗り換え時期だと思って、資産を拡大するのが良いと私は考えます。

でわでわ。
----------------------------
姫屋不動産コンサルティング(株)
東京都知事(1)第99241号

無料相談はこちらからどうぞ
↓↓↓
http://goo.gl/6u9bGY

【営業時間】
平日14〜22時
祝土日10〜20時
水曜定休

【取引態様】
媒介

【ホームページ】
http://goo.gl/wQL5jt


スポンサードリンク




posted by 姫ちゃん at 15:09 | Comment(0) | 買う 金融機関の探し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。