2017年01月07日

姫ちゃん、良い物件が買える千三十三一の法則


人気ブログランキングへ
このブログは姫ちゃんが発行しているメルマガのバックナンバーより抜粋しています。

姫ちゃんの最新情報が読めるメルマガはこちらからご登録頂けます。
最新号
http://archive.mag2.com/0001626780/index.html

姫ちゃんの本のブログはこちら
http://honblo.blog25.fc2.com/
===========================
投資家であれば誰しも、良い物件を買いたいと願っていると思います。

良い物件はある法則にしたがって出てきます。

詳しくは本日の内容をお読み下さい。
===========================
■本日の内容■
姫ちゃん、良い物件が買える千三十三一の法則
===========================

 こんにちは、姫ちゃんです。

 不動産の世界では本当に良い物件は千三つ(せんみつ)と呼ばれ、千に三つしか存在しないといわれます。

千に三つということは、パーセンテージでいえばたったの0.3%しかないということでほとんどはダメな物件ということです。

 投資家とは狭き門であるこの0.3%の良い物件をめがけて競争するアスリートのようなものです。

当然、途中で面倒になってしまったり、楽に入れる門に入ってしまったりするアスリートもいます。

そもそもそんな0.3%しか入れない門の存在を知らないアスリートすらいます。

 当たり前ですが、楽に入れる門に入ってしまえば、収益はあがりません。

楽な門とは、月々1万円払えば1Rのオーナーになれるみたいなやつや、テレビでCMしているような自己資金0でアパートオーナーになれるみたいなやつのことです。

 さて、この0.3%の狭き門ですが、入るためにはいくつかのチェックポイントがあります。

そのチェックポイントを総称して私は「千三十三一の法則」と呼んでいます。

千件の物件をインターネットなどで見て、

三十件の物件を現地調査し、

三件の物件に買付けを入れ、

一件購入できる。

という意味です。

自分が投資家として動くときも、お客さまが動くときも、大体この数字を目安にしています。

この数字の感覚は大体あっていて

千件くらいインターネットで物件を見ても、現地に行く価値のある情報はせいぜい30件くらいですし

30件見ても、買い付けを入れる価値のある物件は、3件くらいです。

そして、せっかく3件買い付けを入れても

融資が通らなかったり、より早いライバルや、より高い値段をつけるライバルが現れて、買えないことも多く、

本気の買付を3件入れて、そのうち1件が通るくらいです。

千三十三一の法則にのっとると

30件は物件を見に行くので、週末に2件ずつ見ても

15週間、つまり3か月半くらいかかります。

これは全くの初心者の場合ですが、それくらい細心の注意と手間暇をかけて選んでいるからこそ、勝てる良い物件が買えるわけです。

 そして、それをするのが弊社でやっている、「物件探し千本ノック」です。

千の物件を見てもらい、三十の現地調査に行ってもらう。

そうやってはじめて買い付けを入れるべきものに出会える。

そういうプロセスを体験して頂くためです。

 融資から何もかもお膳立てしてくれるCMの業者や、町でキャッチしてきたりする業者に乗るのは楽かもしれません。

しかし、彼らは絶対に千三十三一の法則について言及しません。

千に三つしかない、そんな貴重な情報をタダで見ず知らずの営業が教えるでしょうか。

ましてや、融資のお膳立てまでして、自己資金0とかで手渡してくれるのは、あまりにも話がうますぎると思いませんか?

0.3%しかない情報は、苦労した人しか手に入れることはできません。

そのプロセスを表した言葉こそが「千三十三一の法則」なのです。

でわでわ。
----------------------------
姫屋不動産コンサルティング(株)
東京都知事(1)第99241号

無料相談はこちらからどうぞ
↓↓↓
http://goo.gl/6u9bGY

【営業時間】
平日14〜22時
祝土日10〜20時
水曜定休


スポンサードリンク




posted by 姫ちゃん at 18:24 | Comment(0) | 探す 不動産を探す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。