2015年06月24日

姫ちゃん、若手行員の頑張りに助けられる

このブログは姫ちゃんが発行しているメルマガのバックナンバーより抜粋しています。

姫ちゃんの最新情報が読めるメルマガはこちらからご登録頂けます。
最新号
http://archive.mag2.com/0001626780/index.html


人気ブログランキングへ

----------------------------
先日、姫ちゃんが1件目を購入する時に若手行員と出会い

なんとか融資を受けたことをお話ししました。

今日は、その若手行員の方から勉強になったことについてお話しします

詳しくは本日の内容をお読み下さい。
---------------------------
■本日の内容■
姫ちゃん、若手行員の頑張りに助けられる
---------------------------

先日のメルマガで姫ちゃんが1件目を購入する時に、若手の銀行員の方が担当になってくれたということをお話ししました。

その方は入社1年目か2年目くらいの方で若手だったため姫ちゃんと年代も近くわりと気さくに話ができたのでとてもよかったです。

その方に教わったことに、銀行の融資の流れや規則があります。

たとえば不動産投資で融資を受ける際には

1.物件の資料を準備する(買付依頼も含める)
2.自分の給与情報、貯金・借金の情報を準備する
3.銀行の担当者にアクセスする
4.担当者に物件を調査してもらう
5.銀行の調査担当に調査してもらう
6.担当者に稟議書を書いてもらう
7.稟議書を支店や本部で審査する
8.融資の承認が下りる
9.決済日を決める

という感じで、結構な手順と時間が必要になるということ。

また、銀行の担当者が必要な情報を随時提出しなくてはスムーズに稟議まで進めないこと

など、知っている人にとっては当たり前なのですが、初めて融資をうける姫ちゃんにとってはとてもありがたい情報でした。

住宅ローンを組んだことがある方なら経験があるかもしれません。

特に、担当者がその物件を直接見てくれるか否かが、姫ちゃんは結構重要だと考えています。

やはり、物件の情報を書類だけで確認するのと、実際に現地に行って実物の建物を見てもらうのとでは、隠れた修理箇所や、問題点が見えるので良いです。

1件目に姫ちゃんが持ち込んだ物件は、担当者の方が、ちゃんと現地に足を運んでみてくれました。

その結果、稟議書を書くまでもなく融資不可能な物件であることがわかりました。

というのも、書類上は適切なアパートなのですが、現地に行ってみると、そのアパートは屋根の一部が隣のアパートとくっついていたからです。

よくありがちなのですが、もともとのオーナーが1つの広い土地に、アパートを二棟建てるときに、アパートの屋根をくっつけて建てることがあります。

これは土地をより有効に活用するために、その時点では適法でよいです。
しかし、相続などで、その二棟のアパートを一棟ずつ兄弟で分けた場合などに問題が生じます。

もともと、二つで一つの建物だったときはその土地に、その広さの建物を建てることができたのですが、二つに分割すると、その広さの建物を建てることができなかったりします。
(これは土地の用途によりケースバイケースです)

また、隣のアパートとくっついてる時点で、それを1個の建物と見なせなくなったりします。

これを解決するには屋根を分けるような改修工事をしないといけなくなります。

ということは、売るときに手間がかかるということになります。

もちろん、現金で買える人は、問題ないです。

でも、銀行からお金を借りる人は、銀行がそういう物件にお金を貸したがらないので買えません。

ということで、1件目にして速攻で却下されるということになりました。

ただ、このような銀行の審査のコツみたいなものを教えてもらうことで

その後、次第に姫ちゃんが現地に行ってチェックする点がより細かく

銀行融資の観点からもチェックできるようになっていったわけで

本当にありがたい限りでした。

姫ちゃんはこれまで何人もの銀行員やノンバンクの方にお会いしてきましたが、現地に行って投資家と同様の細かい視点で見て助言をくれたのは

やはり、この若い担当者の方が一番多かったです。

ということで、非常に思い出深い方であるとともに、姫ちゃんの不動産投資の礎を築いてくれた一人に感謝をしています。

このメルマガを読んで不動産投資をしてみたいと思って下さる方々も、良い銀行員に出会えることができるように気長にコツコツと頑張っていきましょう。



--------------------------------
■姫ちゃん、初心者のための無料レポート■

※スパムメール対策のため無料レポートのダウンロードを行う際は、フリーメールのご使用を推奨します。


●不動産投資はじめの一歩

初めて不動産投資をするにあたり必要なこと
メルマガだけではお伝えできないことを記載しました。
是非読んでもらえれば幸いです。

http://mailzou.com/get.php?R=84202


●不動産投資 次の一手
〜良い物件を買うために押さえるべき5つのポイント その1

前回のレポートに続いて、そもそもどういった物件が「良い」と言われているのか
「良い物件」を買うために気を付けなくてはいけないことは何かを記載しました。
5つのポイントのうち、最初の1つ目を解説しています。

http://www.gekizou.biz/report.php?cid=1102836


●良い物件を買うために押えるべき5つのポイント その2
 どんな不動産屋と信頼関係を築くべきか

5つのポイントのうちの2つ目として、良い物件を買うためには不動産屋さんの協力が不可欠です。
付き合うべき不動産屋さんの条件とは何かを説明しています。

http://www.gekizou.biz/report.php?cid=1102840


+---------------+
■サポート情報■
+---------------+

姫ちゃんの最新情報が読めるメルマガはこちらからご登録頂けます。
http://www.mag2.com/m/0001626780.html

※相互紹介募集中です

スポンサードリンク




posted by 姫ちゃん at 13:12 | Comment(0) | 買う 金融機関の探し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。